391249_354402394643123_834120147_n.jpg

親孝行

2010年5月。恩師から厳しくも温かく指導していただいた。「どんなに偉くなっても親孝行していない人はニセモノです」と。心を揺さぶられる言葉でした。これまで親には迷惑と心配ばかりかけていた男でした。これではいけないと、その時から「親孝行をしよう」と決意。今、九州に住んでいた母と共に同居しています。中学生の時に親が離婚したため疎遠になっていた父と27年ぶりに再会。これからこの2人に親孝行していきます。

IMG_4356 のコピー.JPG

親孝行の大切さ

自分を生み育んでくれた親の苦労を知って、心から感謝できる人が本当に偉いんだと思います。「親孝行」することが大切だと思います。「親孝行しよう」という心があるかぎり、いかなる苦難にも負けず、まっすぐに生きていくことができると思います。

IMG_3756.JPG

恋愛

恋愛のために、まわりと折り合いが悪くなったり、仕事も手につかなくなったり、自分の行動がいい加減になってきたら、その恋は本物ではないと思います。恋することで、心が生き生きと躍動し、仕事に張り合いが感じられ、まわりの人々からも、いよいよ親しまれるようになったら、その恋は本物であると考えて、まず間違いないと思います。♡

IMG_2513.jpg

夫婦

夫婦は人生の伴侶であるとともに、よき友人であるべきだと思っています。お互いの成長のために叱咤もすれば、手も取り合う。悩んでいるときには励ましを贈り、嬉しいときには共に喜ぶ。夫にとって妻とはそうでなければならないと思うし、妻にとっての夫もそうであると思います。

IMG_3753.JPG

母親こそ、子どもにとって人生における最初の教師にして、最良の教師である。

_NowPrinting_p08.jpg

編集中

_NowPrinting_p08.jpg

編集中