試験

  • 弁護士であり、伊藤塾塾長の伊藤真さんが、

    著書「勉強は『がんばらない』ほど うまくいく」の中で、

    次のように述べています。

    「試験を受けると『合格する人』と『合格しない人』が出ます。

    でも、私は、『合格する人』と『あきらめた人』しかいないと思っています。

    あきらめない人は、いつかは合格します」

    と。

    確かに、試験に落ち続けても、あきらめない人は、

    最後には必ず合格を勝ち取ることができます。

    以前、ブログでも書きましたが、

    教員採用試験が不合格で落ち込んでいた時、

    先輩教師から「合格する方法は、合格するまで挑戦を続けることだ」と励まされたことがあります。

    結局、合格できない人は、「もうダメだ」と諦める人なのです。

    この話は何度でも挑戦できるというチャンスがある場合ですが・・。

    さあ、今日も頑張ろう!