疲労回復

  • 最近、疲労の蓄積が半端ない・・・

    そんなことを思いながら、本を手に取ると、

    疲労回復の鍵は「イミダゾールジペプチド」を摂取することのようです。

     

    この疲労回復成分のイミダゾールジペプチドは、

    生まれてから一度も止まることなく泳ぎ続けるマグロやイワシや

    遠い北国や南の国から長距離を飛び続ける渡り鳥。

    彼らはどうして休むことなく運動を続けられるのでしょうか。

    その秘密がイミダゾールジペプチド。

    彼らの体内に共通して含まれる疲労回復成分です。

    イミダゾールジペプチドは、強力な抗酸化作用があり、疲労回復作用を持っているのです。

     

    人間はエネルギーを作り出す際、呼吸によって体内に酸素を吸収。

    そのうち、数%は「活性酸素」という反応性の高い化合物に変化します。

    活性酸素は適量であれば、細胞から細胞をガードする役割があります。

    しかし、必要以上に増加すると問題発生。細胞や血管に障害を引き起こし、体の機能低下を引き起こすとのこと。

    これが疲労のひとつの原因のようです。

    (「ハーバード×MBA×医師 働く人のための最強の休息法 猪俣武範著(ディスカヴァー)より」

     

    この活性酸素を抑制するのが、「イミダゾールジペプチド」なのです。

    イミダゾールジペプチドは、マグロ・いわし・鶏の胸肉などに多く含まれているようです。

    それらを積極的に摂れば、疲れにくい体を作ることが可能といいます。

    理想摂取量は1日200~400ミリグラムとのこと。

     

    ということで、

    食事を管理してくれている妻にお願いしたところです。

    さぁ、胸肉食べまくろ。

    #疲労

    #疲労回復

    #イミダゾールジペプチド

    #活性酸素