我が子

  • LGBTって知っていますか?

    これはレズビアンやゲイといった性的少数者を表す言葉です。代表的な性的マイノリティの頭文字をとって、

    Lesbian(レズビアン)

    Gay(ゲイ)

    Bisexual(バイセクシュアル)

    Transgender(トランスジェンダー)

    「LGBT」と言います。

    日常的に男性・女性という2つの枠組みで色々なことを考えがちですが、

    実際の性・セクシュアリティは、もっと豊かで多様なのです。

    ◯レズビアンの場合は「身体の性」は女性。「心の性」も女性。「恋愛対象」も女性です。

    ◯ゲイの場合は「身体の性」男性。「心の性」も男性。「恋愛対象」も男性です。

    ◯バイセクシュアルの場合は「身体の性」が女性なら「心の性」も女性。「恋愛対象」は女性と男性の両方になります。

    ◯トランスジェンダーの場合は「身体の性」が男性なら「心の性」は女性というように、「身体の性」と「心の性」が一致しません。「恋愛対象」は異性の場合もあるし、同性の場合もあるし、男性と女性のどちらも「恋愛対象」になる場合もあります。

    性的マイノリティと呼ばれる人たちは、様々な調査から約3%~5%と考えられています。

    「いやいや、そんなにいるはずがない」と思った人はいるのではないでしょうか。

    実は、調査から明らかなのは、

    世の中に流れている「性的マイノリティに対するネガティブな情報」や「否定的な捉え方」や「笑い者にするような扱い」により、本当の自分を言えずにいるのです。

    5万人を超えるゲイ・バイセクシュアル男性を対象とした調査では、

    10代から30代までで、親にカミングアウトしている人の割合は14~15%位しかいないのです。

    年齢が上がれば、その割合はもっと低くなるそうです。

    親にすら、本当のことがいけないでいるのです。

    さらに、この調査では、

    約65%の人が自殺を考え、その内14%の人が、実際に自殺未遂を起こしたこともわかっています。

    命に関わる問題なのです。

    「人はこうあるべきである」と決めつけずに、

    「みんな違ってみんないい」

    それぞれの生き方を尊重することが大切なのではないでしょうか。

    性的マイノリティを大切にできる社会へ

    多様性を大切にできる社会へ

    誰もが安心して暮らせる社会へ

    そんな社会をみんなで作って行きましょう!

  • 先日、息子の「お食い初め」を行いました。

    【お食い初めとは?】

    「お食い初めは出産後、100日目か120日目に行い、

    赤ちゃんが一生、食べ物に困らないように願う儀式です。

    お食い初めの儀式は古く、平安時代から行われていたそうです。」

    【お食い初めの祝い方は?】

    正式には「養い親」が箸をとり、食べさせる真似をします。

    「養い親」とは、祖父母や親戚の中で一番年上の人で、

    これは長寿にあやかると言う意味があります。

    男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。

    そこで我が家では、妻のお父さんにお願いしました。

    鯛等の食べ物を口に持っていき食べさせる真似をし、

    箸を小石に触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。

    この時、石のように丈夫な歯が生えるようにお願いします。

    本格的な食べ方の順番は

    飯→汁→飯→魚→飯

    の順に3回食べさせる真似をします。

    この場合に、「ひとつぶなめ」といわれるように、

    一粒だけでも食べさせるようにします。

    この一連の流れを動画、写真で記録しました。

    将来、息子が喜んでくれることを願って。

    【音羽で注文】

    今回、「お食い初めセット」を音羽に注文。

    値段は3500円。素晴らしい記念になりました。

    音羽

    http://www.otw.co.jp/milestone/

    元気に育ってほしいです。

  • img_0083

    平成28年10月15日(土)14時32分、長男が誕生しました。

    この子が20歳になったら、私は64歳です。

    公務員のままだったら退職して4年。
    還暦も越えて、普通なら人生の最終章に向かっている頃でしょうか。

    これから保育園や学校の行事に保護者として参加する際、間違いなく私は保護者の中で高齢組。

    しかもお腹が出ていて、いつも疲れている、なんて自分だったら息子は残念に思うだろうなぁ。

    病室のベビーベットですやすやと眠っている
    生まれたての我が子を見ながら、
    こんなことを考えてしまいました。

    あかん、あかん、
    俺もまだまだこれからや!

    こんな素敵な機会だからこそ決意しよう!
    目標を立ってよう!

    一晩考えた結果、

    「息子が20歳になるまで、毎週1回以上、
    自分の考えや思いをブログで発信する」

    と決めました。

    自分には、

    公認心理師試験に合格する。
    三田市平和記念館を設置する。
    不登校・国際理解教育等の研究をする。
    マジシャンになる。
    世界一周旅行に行く。

    上手な写真を撮りたい。
    ギターを弾きたい。
    サックスを吹きたい。
    英語を話したい。
    教育番組を作りたい。
    妻と喫茶店をしたい。
    フルマラソン4時間以内で完走したい。
    などなど、

    さまざまな夢・目標があります。

    その達成に向けて、
    楽しく努力している、
    生き生き、ワクワク、楽しんで生きている
    生の文章を発信していきます。

  • image
    【短期目標】
    ・今夏の講演「いじめ・不登校の予防、対応について」、キッピー体操、マジックショーを成功させる。→成功。過去最高に頑張った。
    ・今夏8月末までに「矯正教育」論文を完成させる。
    ・平成29年度教育心理学会で発表する。
    ・平成30年度公認心理師の試験に合格する。
    ・10kmマラソン1時間以内の完走。(恥ずかしい)
    【長期目標】
    ・三田市に「三田空襲記念資料館」を設立する。
    ・博士課程を修了。
    ・大学の研究費を使って国際理解教育の研究に没頭したい。
    ・フルマラソンを4時間以内で完走。
    【生涯目標】
    ・人(教え子)の幸福になる為の行動を貫く。
    【実践目標】
    ・毎朝、1時間の勉強時間を確保する。
    ・毎週10km走る。

  • 「初めて寝返りしたよ!!」
    妻から興奮気味で電話がありました。
    2014年7月7日。二女の「寝返り記念日」になりました。
    元気に育ってくれています!

    DSC_0086

  • 二女が誕生して100日。「お食い初め」をしました。※この「お食い初め」とは、乳歯が生え始める生後100日あたりに「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式だそうです。大きく成長してほしいです。IMG_0398

  • 今日、写真を整理していたら3月18日に生まれた二女の可愛い写真が出てきました。生まれた病院を退院する時の写真です。本当に小さいです。100日たった今、ずいぶん大きくなりました。