教師

  • 私は小学校教師をしていましたので、

    よく友達から

    「良い先生と悪い先生の違い」

    についてよく質問されることがあります。

     

    いろんな観点から答えることができますが、

    「良い先生=成長する先生」とする観点から言うと、

    次のように答えることができます。

    問題が勃発した時、

    「良い先生は自分を戒め、悪い先生は子どもや保護者を責める」

    です。

     

    例えば、

    生徒の成績がなかなか上がらない。

    良い先生は

    「自分の教え方に問題があるかもしれない。もっと良い教え方はないだろうか。」

    自分に原因を見つけようとします。

    一方、悪い先生は、

    「子どもに理解力がない。教えた通りにやらないからダメだ」

    「保護者が宿題を見てやらないからダメだ」

    等々、子どもや保護者に原因を見つけようとするのです。

     

    前者の方は、どんどん成長します。

    後者の方が楽なようですが、結局は実力がつかないまま。

    いつしか子どもや保護者からも見捨てられていきます。

     

    問題の原因を「自分の責任」と捉える人は、

    「この問題に対して自分は何ができるだろう」と考えようとします。

    この思考がクセになっている人は、自分の力で解決する体験をどんどん積んでいきます。

    いつしか

    「自分が変われば相手が変わる」

    「自分が変われば環境が変わる」

    ことを実感していくのです。

     

    さあ、今日も頑張ろう!