政治

  • 第2次世界大戦直後、

    哲学者ヤスパースは、

    ドイツのハイデルベルグ大学の連続講義で、

    学生たちに「語り合うこと」を強調されたと言います。

     

    「ナチスの悪夢を振り払い、真の出発を果たすためには、率直に語り合い、お互いを理解し合うことによる「結びつき」が重要なのだ」と。

     

    今、トランプ大統領が、

    特定7カ国の人々の入国禁止の大統領令に署名。

    メキシコ国境の壁建設を命令など、

    次から次に心配な活動を繰り返しています。

     

    経済や情報、通信の分野で世界の一体化が広がっています。

    世界はもはや国家で分断するのではなく、

    「人間」という普遍的な次元の連帯が求められています。

     

    アメリカ第一主義ではなく、

    我が国だけの利益ではなく、

    「人間第一主義」を目指してほしいです。

     

    国家や民族、思想、宗教などの差異を超え、

    「人間」で団結しようとする「対話」は、

    分断と対立の壁を打ち破り、

    真の友好、相互理解の道を切り開くと信じます。

     

    困難であっても、どんなに道が遠くても、

    「対話」を重視してほしいです。

     

    我が子、未来に生まれてくる子どもたちのために、

    大人は、分断の壁ではなく、

    人々の心に崩れない平和の砦を築いていくべきです。