勉強法

  • 読書に目覚めのは、大学院で学び出した40歳の頃です。

    新しい知識や情報を知ることに喜びを感じたからです。

    気がつけば、毎週3~4冊読むペースです。

    いつ読むのかって?

    「起きてすぐ」「仕事終了後」「寝る前」・・・。

    いつでもどこでもです。

    ここ1ヶ月で読んだ本はこの通りです。

    「一流の学び方(著:清水久三子 東洋経済新報社)」には、

    学びには4つの段階があるとして、

    ①概念の理解:「知っている」知識

    ②具体の理解:「やったことがある」経験

    ③体系の理解:「できる」能力

    ④本質の理解:「教えられる」見識

    とあります。

    私の読書の学びでいうと「概念の理解」に留まっています。

    これから具体→体系→本質へとステップアップしたいと思っています。

    清水氏は①②はインプット。③④がアウトプット。

    インプットの期間を極力短縮化に。

    アウトプットの期間にできるだけ時間を費やすとも言っています。

    私の次の課題は「アウトプット」です。

    アウトプットするためには、読書により学んだことをチャートに落とし込み、何が重要なのかという「本質」を抽出すること。

    そして積極的に発信です。

    一歩一歩進みます。

    今日も頑張ろう!