人権

  • 皆さんは「セクシュアリティ」という言葉をご存知ですか。

    「セクシュアリティ」とは「性のあり方」のことです。

    ①からだの性

    ②こころの性

    ③好きになる性

    の3つの要素で説明することができます。

    ※表現する性を入れる場合もあります。

    ①からだの性

    生物学的性:sex(セックス)

    性染色体、外性器・内性器の状態や性ステロイドホルモンのレベル等から決定されます。

    ②こころの性

    性自認:gender identity(ジェンダー・アイデンティティ)

    自分自身の性別をどう認識しているか、

    その確信の状態がどのようなものか、というものです。

    ③好きになる性

    性的指向:sexual orientation

    (セクシュアル・オリエンテーション)

    恋愛や性愛の対象となる性別のことです。

    一人ひとりのセクシュアリティは主にこの3つの要素で形成されます。これらの性は「男」「女」と2つに分けて考えがちですが、現実には、明確に「男」「女」の2つに分けることができないものであり、境界線がなくグラディエーションなのです。

    全体から見ると少数派になりますが、同性を好きになる人もいれば、異性と同性の両方を好きになる人や、いずれも好きにならない人等も存在します。

    そのようなセクシュアルマイノリティ(性的少数者)の代表的な呼称として、LGBTといった言葉があります。

    これは、

    L  レズビアン(女性同性愛者)、

    G  ゲイ(男性同性愛者)、

    B  バイセクシュアル(両性愛者)、

    T  トランスジェンダー(からだの性とこころの性に違和感を感じている人)

    の頭文字をとった略称です。

    以下、解説します。

    L  レズビアン(女性同性愛者)は、

    「こころの性」は女性で「好きになる性」が女性という人を指します。

    G  ゲイ(男性同性愛者)は、

    「こころの性」は男性で「好きになる性」が男性という人を指します。

    B  バイセクシュアル(両性愛者)は、

    「好きになる性」が異性の場合も、同性の場合もある人を指します。

    T  トランスジェンダーは、

    女性の体で生まれたけれど、自分が男だと感じている人や、男性の体で生まれたけれど、自分が女性だと感じている人を言います。

    (FtMの場合)

    (MtFの場合)

    この他にも様々なセクシュアリティがあります。

    ①3つのセクシュアリティを男女の二分法で整理

    ②エックスジェンダーは、

    こころの性を男性・女性のいずれかとは認識していない状態を指します。トランスジェンダーの中に含みます。

    ③パンセクシュアルとアセクシュアルは、

    好きになる性が、全てのセクシュアリティ・いかなる他者も対象とならない人を指します。

    ④クエスチョニングは、

    自分自身のセクシュアリティを決められない、わからない、あえて決めない人を指します。

    以上のように、

    性のあり方は多様です。「虹」のように様々な輝きを持っているのです。

  • 学校では、性的マイノリティへの「いじめ」が深刻です。

    今年の3月に「国のいじめ基本方針」が改定されましたが、

    その改定箇所に「性的マイノリティに対するいじめ」が追記されています。

    世界各国の研究結果によると、

    どの学級にも1人~2人の性的マイノリティがいるようです。

    性的指向(恋愛対象が誰であるかを示す概念)であるレズビアン(女性同性愛者)・ゲイ(男性同性愛者)・バイセクシュアル(両性愛者)が約3.5%。

    性自認(男性または女性であることの自己認識を言います)であるトランスジェンダー(身体の性と心の性が一致しない状態の人)が0.3%という値です。

    自分の周りには性的マイノリティが、

    「いない」のではなく、

    「気づいていない」のです。

    その性的マイノリティが直面している危機は半端じゃありません。

    宝塚大学看護学部教授の日高庸晴氏の研究では、

    10歳代で親にカミングアウト(本当のことを打ち明けること)する割合は11.5%に止まっているというのです。

    親にも相談できずにいるのです。

    また、約65%の人が自殺を考え、約14%の人が、実際に自殺未遂を起こしたこともわかっています。

    性的マイノリティの状況は深刻です。

    まずは、性的マイノリティへの偏見等をなくし理解を深めることが必要と考えます。

    「一人ひとりが違って当たり前」と誰もが思うことが大切ではないでしょうか。