2017年11月

  • 松下幸之助さんが

    「やるなら日本一、世界一を目指せ」

    と言われています。

    まずは、今の仕事で、自分が日本一、世界一になれるものを探して、

    「ここだけは、誰にも負けないもの」

    を作りたいと思います。

    人よりも「あと1時間勉強」。

    人よりも「あと50時間勉強」。

    人よりも「あと1万時間勉強」。

    すれば何とかなるんだと思います。

    コツコツやってやろうと、

    松下幸之助さんの言葉で勇気をもらいました。

    さあ、今日も頑張ろう。

    #日本一

    #世界一

    #松下幸之助

    #努力

  • あなたが、あなたらしく、ありのままに、できていないことは何ですか?

    人に気を使って我慢。

    苦しいけれどじっと耐えている。

    自分は無理だと諦めている・・・。

     

    ある人が励ましてくれました。

    人はみんな何かで輝くことができるポテンシャルを持っている。

    たまたま、その力を眠らせているだけだ。

    我慢したり、耐えたり、諦めたりする必要はない。

     

    成功する人は「決める」人だと。

     

    ●●をするかどうか迷う人は普通の人。

    ●●をすると決めるのが成功する人。

     

    ▲▲できないと我慢する人が普通の人。

    もう我慢しないと決めるのが成功する人。

     

    ○○は無理だとあきらめるのが普通の人。

    あきらめずに○○すると決めるのが成功する人。

    だと。

     

    私は今、すごく悩んでいます。

    勝てる確信がなくて前に進めないです。

    進みながら考えろという方がいますが、勇気がなくて進めません。

    というか、家族に金銭面で迷惑をかけたくないから進めません。

    本当に「決める」って難しいです。

  • 【日本人の死因の16%は運動不足が原因!】

    一日中、パソコンとにらめっこ。

    ほとんど筋力を使わないビジネスパーソンが増えています。

    運動不足と偏った食生活により、WHOは2025年までに、肥満の人が25億人に達すると予測しています。

    ちなみに世界の人口は約74億3000万人(2017年10月現在)です。

    世界の人口の約3人に1人が肥満⁉︎

    すごく高い割合に感じます。

    肥満の状態が続くと、やがて糖尿病、高血圧、心筋梗塞等々、命に関わる病を引き起こす危険があります。

    実際、日本人の死因の16%は運動不足が原因だともいわれています。

     

    【朝のランニングで体の匂い・艶・心が変わった!】

    私は現在、毎朝5:45に起床。

    5kmウォーキング&ランニング。

    途中の橋の下で、腕立て150回・腹筋150回・背筋150回。

    朝昼晩食は妻が作るダイエット食を食べるという健康ライフを送っています。

    いや送り始めたところです。

    はじめて約1ヶ月になりますが、

    体重が、「75.6kg」から現在「72.7kg(-3kg)」に減少。

    自分でも驚くほどの変化です。

    妻が言うには、

    「最近、肌のツヤが良くなった」

    「最近、おっさん臭しなくなった」

    「最近、明るくなった」

    とのこと。

    どうやら、適度の運動と適切な食生活を送ると、

    心身の色・艶・匂い・心までも生き生きとするようです。

    【体脂肪を1kg減少させる計算法とは】

    1キロカロリーの消費量の計算法を聞きました。

    ランニングのスピードと関係なく、1km走ると体重1kgあたり1キロカロリーが消費されるそうです。

    つまり、体重70kgの人が1km走ると、70キロカロリー消費されるということです。

    毎日5km走っている私は、毎日350キロカロリー消費されていることになります。

    体脂肪1kgを燃焼するのに、およそ7000キロカロリーが必要といわれていますので、

    20日程度で1kgの体脂肪が減らせる計算になります。

    ・「体脂肪1kgを燃焼」するには「7000キロカロリー」の消費が必要。

    →1km走ると体重1kgあたり1キロカロリーが消費される。

    →体重70kgの私が、毎日5kmを走ると「350キロカロリー」を消費される。

    →私が体脂肪1kgを減らすには、「7000÷350=20」で、約20日間かかる。

    ということです。

     

    【食生活について】

    食生活については、妻に協力してもらっています。

    妻が作るご飯は、これまでも栄養のバランスを考えてくれていましたが、

    今までの私は、特に間食がひどかったと思います。

    仕事中の一服に「甘いコーヒー」・「おやつ」。

    寝る前に「ビール」・「おやつ」。

    食べたくなったら、食べたいものを食べるというものでした・・・。

    この間食を一切やめることにしたのです。

    いや、少しやめるようにしたのです。

    だから運動+食生活の改善で体重が確実に減少していると思われます。

     

    【精神にも良い影響を与える】

    妻が「明るくなった」というように、運動は精神にも良い影響を与えるようです。

    調べてみると、ランニングを続けると安静時の脈拍がゆっくりになり、自律神経のバランスが整うといわれています。人間の体内のバランスを調整する自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。

    交感神経は運動や緊張時に優位になり、

    副交感神経は、食事や安静時に優位になります。

    例えば、過度なストレスに苛まれると、安静時でも交感神経が緊張するため、脈拍が速くなります。

    マラソンをしている人の安静時の脈拍がゆっくりになるということは、交感神経の緊張がとれて副交感神経が優位になっているということで、自律神経のあるべきバランスを保っているということになるのです。

    また、ランニングは、ドーパミンやセロトニン、βエンドルフィンが脳内で分泌されます。

    これは、脳を活性化したり、気分を高揚させる働きがあります。

    ランニングは精神にも良い影響を与えるようです。

     

    【体臭が変わる!!】

    最後に加齢臭です。

    昔は「臭い」なんて言われたことなかったのですが、

    40歳を過ぎた頃から「ちょっと臭いで」から「わぁ!臭!」へと・・・。

    そんな私に妻が

    「わぁ!!臭くなくなっている!!」

    と大騒ぎ。

    娘たちも嗅ぎに来て、

    「ほんまや良い匂いがする」

    とのこと。

    『こら!そんなに臭かったんか!』

    と思いつつ、匂いまで変えてしまう運動は恐るべしです。

    加齢臭の原因は「短鎖脂肪酸」や「アルデヒド」と言われています。

    この「短鎖脂肪酸」や「アルデヒド」の原料となるのが「遊離脂肪酸」。

    この「遊離脂肪酸」を燃焼させる方法が有酸素運動なのです。

    だから、加齢臭を改善するには、有酸素運動であるウォーキング&ランニングを一定時間続けることが有効だというのです。

    ウォーキング&ランニングは匂いにも良い影響を与えるのです。

     

    【継続こそ力なり】

    あとはどこまで続けられるかの問題です。

    やはり目標を設定することが継続の鍵ではないかと考えています。

    「12月のマラソン大会への出場と完走」

    「体重68kg達成」

    当面はこの目標を目指してコツコツ頑張ってまいります。

    ここまで読んでくださってありがとうございます。

    あなたがもし、運動不足なら、

    ぜひ、軽い運動から始めてみてほしいと思います。

    体の匂い・艶・心が変わりますよ。