2017年4月

  • 宮路秀作氏の著書「経済は地理から学べ!」を読んで、驚いたことがありました。「国土全体において水道水を安全に飲める国は世界に15カ国しかない」とのことでした!

    その国は、フィンランド、スウェーデン、アイスランド、アイルランド、ドイツ、オーストラリア、スイス、クロアチア、スロベニア、アラブ首長国連邦、南アフリカ共和国、モザンビーク、ニュージーランド、そして日本だと。

    日本は、ユーラシア大陸の東に位置しているため偏西風の影響が少なく、モンスーンの影響が強い国です。そのため年降水量は世界平均の2倍以上だそうです。また島国であるために隣国との水資源を巡る争いも基本的に存在しません。世界の多くはそうではないようです。

    安全に飲める水は当たり前ですが、世界ではそうもいかないのですね。でも、皆さんは水道水の水を飲んでいますか?「水道水の水は安全だとわかっているのですが・・・水を買って飲んでいます。」という人が多いのではないでしょうか。

    日本は、水道水が飲める国としてかなり厳しい体制で管理されていますが、それ以上に、日本人は安全性のクオリティーを求めているようです。

  • ハインリッヒの法則を知っていますか?何か1つ大きな事故が起こったら、その陰には同じ原因による小さな事故が29あり、さらにそれらの陰には、事故にならなかったまでも「ひやり」としたことが300あったはず、というものです。

    仕事に置き換えてみると、次のように置き換えらるます。つまり、「ひやり」とすることがあれば、すぐに対応策を講じるべきです。てなければ、10回に1回の割合で小さな失敗が起こると。

    日頃から、どうすれば「ひやり」とせずに済むか考えなければいけませんね。

  • 2012年にノーベル賞生理学・医学賞を受賞された山中博士のインタビュー記事に、

    「米国に行くまでは、研究者は実験して論文さえ書いていればいい、と考えていました。つまり、結果が良ければ、他人にわかってもらえなくていい、という考えが頭のどこかにある気がする。ところが、米国ではそうではありません。研究者だけでなく、寄付してくれる方にも、正確に、かつ分かりやすく、自分の研究内容を説明しなければならない。誰にでも分かりやすく伝える、ことの重要性を叩き込まれました。」(達成力 やり遂げる力 トップリーダーが教える『成功の条件』 泉恵理子著 日経BP社)とありました。

    いかに自分の仕事の価値を相手に伝えられるか、という視点が大切だということです。

    「良い仕事をしていると、必ず評価してくれるもの。だから自分から良い評価を伝えるなんて・・・。」と今まで先輩から教えられてきましたが、博士の意見は違います。うん、努力をし抜いている人が言える言葉だと思います。

    また、山中博士は、成功するためには、しっかりとしたVWが大切だと言われています。Vとはビジョン。何のために研究しているのかという長期目標を持つこと。Wとはハードワーク。一生懸命に研究するlことが必要だと。VとWのどちらも大切だと強調されています。明確なビジョンを持つこと。そのビジョンに共感したメンバーでチームを作る。そんな会社が成功しているのだと。

    「今の自分はどうか?」このインタビュー記事を読みながら考えてしまいました。今、新たなホームページ作りに没頭しています。

    「ビジョンを明確に。一生懸命研究する。分かりやすく表現する。」決意を新たにしました。さあ、今日も頑張ろう!

  • こんな話を聞きました。自分の会社内の改善提案をすることを任された教え子が、何をどう提案すべきかを信頼する先輩に聞いた際、

    次のようにアドバイスされたそうです。社内の改善提案において、主な原因になりえるのは、次の8つに集約されるそうです。

    ①ルール:ルール・基準が曖昧

    ②非効率:非効率な業務が多い

    ③技術:技術、スキルが足りない

    ④人・時間:人、」時間が足りない

    ⑤お金:予算が足りない

    ⑥チェック:業務チェック、確認が足りない

    ⑦コミュニケーション:コミュニケーションが足りない

    ⑧責任:責任の所在が不明確

    この8つの中から、問題を発生させている原因を特定し、解決のための提案をすればいいと。

    なるほどです。この8つの視点から、私が所属する職場の課題の原因を探れそうです。感謝です。

  • 目標にしていました「連続100日投稿達成」しました!

    今後は週1回ペースに戻します。

    これまでの投稿も、もう一度編集を加えていきたいと思っています。

    さて、明日からは「いじめストップ」をテーマに、

    別のブログで投稿していきます。

    今、学校現場では「いじめ」に関する問題が多発しています。

    小さなものも含めると、どこかで毎日、

    涙を流している子供、保護者、先生がいます。

    この「いじめ」を根絶するために、立ち上がりたいと決意しています。

    まずは100投稿を目指します。

    アドレスは

    http://www.shinka.me

    です。

    機会があればのぞいてくださいね。

    よろしくお願いします。

  • ファーストリテイリング会長兼社長の柳生正氏のインタビュー記事を読みました。

    資金繰りに苦労された体験や

    「生きることは、失敗すること」という信念で、

    チャレンジを繰り返してこられた生き方に強く感銘を受けました。

    また、

    「時間や体調は、どう管理されていますか」

    という質問に対して次のように答えられています。

    朝は午前5時に起床し、朝食を終えて、6時に出社。

    7時からミーティングや会議をこなし、

    午後3時~4時には帰宅。

    帰宅後は、本を読んだり、考え事をしたり、

    TV番組や映画を観たり、ゴルフの練習をしたりして過ごす。

    ランチは社員食堂から取ってきて、自分の部屋で食べ、

    晩御飯は自宅。会食はランチのみで、夜はほとんどしない。

    就寝時間は午後11時あたり。6時間の睡眠時間を取るように心がける。

    スポーツクラブ定期的に体を動かすこともしている。

    「達成力 やり遂げる力 トップリーダーが教える『成功の条件』 泉恵里子著 日経BP社」

    やはり一流のビジネスマンは、

    朝型であり、規則正しいですね。

    脳みそが一番動く時にバリバリ仕事されています。

    読書や映画で情報をインプットして教養も豊かです。

    体調管理には特に気を使っておられるようで、

    適度な運動、同じ時間にご飯を食べて寝て、

    規則正しい生活を心がけておられます。

    見習いたいと思いました。

    仕事に振り回されていてはいけませんね。

    悠々と生きていきたいです。