配慮は人を思いやる想像力の結晶

妻に

「俺に言われて嬉しかった一言って何?」

と尋ねると、

次のような答えが返ってきました。

「いつもありがとう」

「幸せやわぁ」

「今日のご飯美味しかったわ」

やはり感謝の言葉でした。

時代は変われど、変わらないもの。

それは「感謝」ではないでしょうか。

そして、その奥には「敬意」。

これらは必ず人と人の絆を強くします。

かつて恩師から、

「配慮とは、人を思いやる想像力の結晶」

と教えていただいたことがあります。

日々の振る舞いの中で、

相手の立場に立つ努力を、

常に心がけていきたいと思います。

2017年2月28日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です