性的マイノリティを大切にできる社会へ

LGBTって知っていますか?

これはレズビアンやゲイといった性的少数者を表す言葉です。代表的な性的マイノリティの頭文字をとって、

Lesbian(レズビアン)

Gay(ゲイ)

Bisexual(バイセクシュアル)

Transgender(トランスジェンダー)

「LGBT」と言います。

日常的に男性・女性という2つの枠組みで色々なことを考えがちですが、

実際の性・セクシュアリティは、もっと豊かで多様なのです。

◯レズビアンの場合は「身体の性」は女性。「心の性」も女性。「恋愛対象」も女性です。

◯ゲイの場合は「身体の性」男性。「心の性」も男性。「恋愛対象」も男性です。

◯バイセクシュアルの場合は「身体の性」が女性なら「心の性」も女性。「恋愛対象」は女性と男性の両方になります。

◯トランスジェンダーの場合は「身体の性」が男性なら「心の性」は女性というように、「身体の性」と「心の性」が一致しません。「恋愛対象」は異性の場合もあるし、同性の場合もあるし、男性と女性のどちらも「恋愛対象」になる場合もあります。

性的マイノリティと呼ばれる人たちは、様々な調査から約3%~5%と考えられています。

「いやいや、そんなにいるはずがない」と思った人はいるのではないでしょうか。

実は、調査から明らかなのは、

世の中に流れている「性的マイノリティに対するネガティブな情報」や「否定的な捉え方」や「笑い者にするような扱い」により、本当の自分を言えずにいるのです。

5万人を超えるゲイ・バイセクシュアル男性を対象とした調査では、

10代から30代までで、親にカミングアウトしている人の割合は14~15%位しかいないのです。

年齢が上がれば、その割合はもっと低くなるそうです。

親にすら、本当のことがいけないでいるのです。

さらに、この調査では、

約65%の人が自殺を考え、その内14%の人が、実際に自殺未遂を起こしたこともわかっています。

命に関わる問題なのです。

「人はこうあるべきである」と決めつけずに、

「みんな違ってみんないい」

それぞれの生き方を尊重することが大切なのではないでしょうか。

性的マイノリティを大切にできる社会へ

多様性を大切にできる社会へ

誰もが安心して暮らせる社会へ

そんな社会をみんなで作って行きましょう!

2017年7月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です