いじめ被害者への対応策をもっと真剣に考えよ

「いじめは悲惨である。

いじめは残酷である。

いじめ被害児童生徒は、

もう二度とその空間に戻りたいとは思わなくなる。

対象者は登校できなくなり、最悪の場合は…」

学校では「いじめ問題」が喫緊の課題です。

現に毎月というペースで、子供がいじめを苦に自殺しています。

どうにかして、負の連鎖に終止符を打ちたいと考えます。

私は以下のことを提案します。

いじめの被害を受けた子どもには、学校以外の場所で学習する権利を与えるべきと考えます。

例えば、インターネット学習という支援です。

大学ではeラーニングを活用する動きが増えています。いつでもどこでも学べる環境を整えようとしています。

小・中・高等学校でも積極的な導入を検討してはどうかと思います。

また、ここ数年、退職教職員が増加しています。

経験豊かなベテラン教師が個別に教えるシステムを構築する等、

様々に検討してはよいのではないかと思います。

もう一つ、学校教育においても。いじめの抑止行為を積極的に行うことです。

いじめ加害者が「いじめても、あまり得にならない・・・。逆に損だ。」

というシステムを作ることが大切だと考えます。

例えば、「いじめは、刑法では侮辱罪、脅迫罪となり、民法では損害賠償請求の対象になること」「場合によっては警察に通報すること」をしっかり教えることです。

また、いじめが学校で発生する場所、時間帯は、教室・廊下、休み時間・登下校時です。その時間帯に、地域のボランティアさんが見回りをするのです。

さらに、全教室・廊下に監視カメラです。絶大な効果があると考えます。

このような意見は、「力によるいじめの抑止で、教育現場にそぐわない」と思われるかもしれませんが、現場はすでにそこまできています。

いずれにせよ、いじめは大人が本気で取り組むべき、国民的課題です。

2017年10月1日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です