みんな元気してるか!
44歳のおっちゃんがエールを贈る

未来の希望である「若者の皆さん(出会った教え子たち)」に元気を贈りたいと思い、ホームページを作成しました!!
元気が出る写真、言葉、エピソードなどを掲載したいと考えています。
私の趣味である旅行、映画、音楽、読書、写真等々が中心です。
子育てや、仕事である教師のお仕事でのエピソードなども紹介できる範囲で書いて、元気を贈りたいと考えています。
このホームページを見てほっとしていただけたらうれしいと思っています。

  • 教育現場では、いじめ、不登校、暴力等々、様々な問題が起こっています。

    その問題行動を生み出す子供達に共通すること、それは過度のストレスです。

    イライラがマックス。我慢がマックス。

    これが共通点です。

    ストレス解消法は様々ありますが、

    私が紹介したいのは、

    「軽微なリズム運動」を毎日短時間行うことです。

    近年、精神医学の研究で、

    「軽微なリズム運動」がストレスを抑えることを明らかにしています。

    神経伝達物質のノルアドレナリンが、必要以上に分泌されると神経が昂ぶり、イライラしやすく落ち着きがなくなり、攻撃的になります。

    また、ドーパミンも過度に分泌されると、際限なく満足できない状態になります。

    そんなノルアドレナリンやドーパミンの暴走にブレーキをかけるのがセロトニンです。

    このセロトニンの働きを活性化させるのが「軽微なリズム運動」のです。

    つまり「軽微なリズム運動」でセロトニンの分泌が活性化され、

    正常な精神状態が保たれるのです。

    私は今、教育現場で継続的な「軽微なリズム運動」の実践を推奨しています。

    子供達が自分の心をうまくコントロールできるようになってもらいたい!

    そんな思いから呼びかけています。

    まずは自分からと、

    私は毎日、5分間のリズム体操を実践しています。

    (できない時もありますが・・・)

    続けてみると、心が安定していることを実感しています。

    シャキッとします。

    体を動かせば、心もスイッチが入る、という感じなのです。

    読者の皆さんも

    興味がある方は実践してみてくださいね。

    きっと「心の安定」を実感できると思います。

    私が実践している体操は、

    これです↓

    https://youtu.be/hwJI16pP89E

  • 脳の疲れには2種類あると聞きました。

    1つは、勉強や仕事等で脳を働かせることによる「知的な疲れ」です。

    これは主に大脳の新皮質の疲れのようです。

    もう一つは、人間関係などのストレスによる「精神的な疲れ」です。

    これは主に大脳の古い皮質の疲れだそうです。

    この2種類の疲れの取れ方にも違いがあるといいます。

    「知的な疲れ」は簡単に取れるようで、ほんの数分の睡眠で回復。

    昼休みに5分~10分くらいの睡眠で回復してしまうようです。

    一方「精神的な疲れ」は、そうはいかないようです。

    しっかりとした睡眠が取れないと「疲れ」が溜まっていき、

    ストレスが過剰になり、最後は「うつ」になることも・・・。

    そんな話を聞きました。

    やっぱり怖いのは「精神的な疲れ」ですよね。

    まずはストレスを貯めない工夫が必要になりますね。

    最後にストレスを貯めない方法を一つ紹介しましょう。

    近年、精神医学の研究で明らかになった方法です。

    それは、「軽微なリズム運動を継続的に行うこと」です。

    詳しくは次回のブログで紹介します。

読売教育賞.jpg

第63回読売教育賞 最優秀賞受賞しました。

平成24年度6年生と共に創り上げた実践が評価されました!
恩師をはじめ、諸先生方、これまでに出会った525名の教え子たち、そして家族、友人のおかげだと感謝しています。
また兵庫教育大学大学院で出会った方々から触発を受けたことにも感謝です!

H261030hyosyo.JPG

兵庫教育大学 学生表彰

平成26年10月30日、兵庫教育大学 学長室にて、尊敬する須田先生、吉國先生に見守られる中、加治佐学長から「兵庫教育大学学生表彰」を受賞致しました。