みんな元気してるか!
44歳のおっちゃんがエールを贈る

未来の希望である「若者の皆さん(出会った教え子たち)」に元気を贈りたいと思い、ホームページを作成しました!!
元気が出る写真、言葉、エピソードなどを掲載したいと考えています。
私の趣味である旅行、映画、音楽、読書、写真等々が中心です。
子育てや、仕事である教師のお仕事でのエピソードなども紹介できる範囲で書いて、元気を贈りたいと考えています。
このホームページを見てほっとしていただけたらうれしいと思っています。

  • 学校では、性的マイノリティへの「いじめ」が深刻です。

    今年の3月に「国のいじめ基本方針」が改定されましたが、

    その改定箇所に「性的マイノリティに対するいじめ」が追記されています。

    世界各国の研究結果によると、

    どの学級にも1人~2人の性的マイノリティがいるようです。

    性的指向(恋愛対象が誰であるかを示す概念)であるレズビアン(女性同性愛者)・ゲイ(男性同性愛者)・バイセクシュアル(両性愛者)が約3.5%。

    性自認(男性または女性であることの自己認識を言います)であるトランスジェンダー(身体の性と心の性が一致しない状態の人)が0.3%という値です。

    自分の周りには性的マイノリティが、

    「いない」のではなく、

    「気づいていない」のです。

    その性的マイノリティが直面している危機は半端じゃありません。

    宝塚大学看護学部教授の日高庸晴氏の研究では、

    10歳代で親にカミングアウト(本当のことを打ち明けること)する割合は11.5%に止まっているというのです。

    親にも相談できずにいるのです。

    また、約65%の人が自殺を考え、約14%の人が、実際に自殺未遂を起こしたこともわかっています。

    性的マイノリティの状況は深刻です。

    まずは、性的マイノリティへの偏見等をなくし理解を深めることが必要と考えます。

    「一人ひとりが違って当たり前」と誰もが思うことが大切ではないでしょうか。

  • LGBTって知っていますか?

    これはレズビアンやゲイといった性的少数者を表す言葉です。代表的な性的マイノリティの頭文字をとって、

    Lesbian(レズビアン)

    Gay(ゲイ)

    Bisexual(バイセクシュアル)

    Transgender(トランスジェンダー)

    「LGBT」と言います。

    日常的に男性・女性という2つの枠組みで色々なことを考えがちですが、

    実際の性・セクシュアリティは、もっと豊かで多様なのです。

    ◯レズビアンの場合は「身体の性」は女性。「心の性」も女性。「恋愛対象」も女性です。

    ◯ゲイの場合は「身体の性」男性。「心の性」も男性。「恋愛対象」も男性です。

    ◯バイセクシュアルの場合は「身体の性」が女性なら「心の性」も女性。「恋愛対象」は女性と男性の両方になります。

    ◯トランスジェンダーの場合は「身体の性」が男性なら「心の性」は女性というように、「身体の性」と「心の性」が一致しません。「恋愛対象」は異性の場合もあるし、同性の場合もあるし、男性と女性のどちらも「恋愛対象」になる場合もあります。

    性的マイノリティと呼ばれる人たちは、様々な調査から約3%~5%と考えられています。

    「いやいや、そんなにいるはずがない」と思った人はいるのではないでしょうか。

    実は、調査から明らかなのは、

    世の中に流れている「性的マイノリティに対するネガティブな情報」や「否定的な捉え方」や「笑い者にするような扱い」により、本当の自分を言えずにいるのです。

    5万人を超えるゲイ・バイセクシュアル男性を対象とした調査では、

    10代から30代までで、親にカミングアウトしている人の割合は14~15%位しかいないのです。

    年齢が上がれば、その割合はもっと低くなるそうです。

    親にすら、本当のことがいけないでいるのです。

    さらに、この調査では、

    約65%の人が自殺を考え、その内14%の人が、実際に自殺未遂を起こしたこともわかっています。

    命に関わる問題なのです。

    「人はこうあるべきである」と決めつけずに、

    「みんな違ってみんないい」

    それぞれの生き方を尊重することが大切なのではないでしょうか。

    性的マイノリティを大切にできる社会へ

    多様性を大切にできる社会へ

    誰もが安心して暮らせる社会へ

    そんな社会をみんなで作って行きましょう!

読売教育賞.jpg

第63回読売教育賞 最優秀賞受賞しました。

平成24年度6年生と共に創り上げた実践が評価されました!
恩師をはじめ、諸先生方、これまでに出会った525名の教え子たち、そして家族、友人のおかげだと感謝しています。
また兵庫教育大学大学院で出会った方々から触発を受けたことにも感謝です!

H261030hyosyo.JPG

兵庫教育大学 学生表彰

平成26年10月30日、兵庫教育大学 学長室にて、尊敬する須田先生、吉國先生に見守られる中、加治佐学長から「兵庫教育大学学生表彰」を受賞致しました。